健康と創薬を考える NEW-ING 「治験」を通して医療の未来を拓く

治験に関するお問い合わせはこちら TEL: 0120-207-027
おしっこのことが気になる50歳以上の男性のみなさま治験にご協力をお願いいたします。 この治験は日本国内で50歳以上の男性約500人にご協力いただきながら実施されます。 ※「治験」とは新しく開発中のお薬の有効性と安全性を確認するために行われる臨床試験のことです。
最近、トイレが近いしおしっこがうまく出ない。残尿感もある・・。これって前立腺肥大症?
おしっこの症状で以前とくらべて・・・思いあたることはありませんか? おしっこをした後もまだおしっこが残っているようなスッキリしないことがある なんだか、おしっこが近くなったように感じる時がある おしっこをしている時、何度もおしっこが途切れてしまうことがある おしっこの勢いが弱くなったように感じることがある おしっこを我慢することが難しいことがある おしっこの出始めでおなかに力を入れたり、いきんだりすることがある 夜寝ている時におしっこがしたくて目が覚めてトイレに行くことがある
左の項目で思いあたることがある。応募してみよう! 現在の「おしっこの症状」はずっと続くの?いつかよくなるの?前立腺肥大症かな・・・?と気にしていらっしゃる方、または前立腺肥大症といわれたことがある方のご応募をお待ちいたしております。
治験の概要
【今回の治験について・・前立腺肥大症の方を対象とした治験です】

前立腺肥大症の診断は治験実施医療機関で確認いたしますので、診断をされたことがないかたでもご応募いただけます。
治験実施医療機関へ約6か月の間に7回程度ご通院いただきます。
その間治験薬を4か月間程度服用いたします。
治験にご参加するかどうかは、治験実施医療機関で詳細な説明を受けた上でお決めください。また治験に参加した後でも理由を問わずいつでもご参加をとりやめることができます。

【治験実施医療機関所在地】

東京都渋谷区・中野区・文京区・大田区・世田谷区・江戸川区、千葉県松戸市、
神奈川県横浜市・相模原市・伊勢原市、埼玉県新座市、大阪府豊中市、京都府京都市

【治験にご応募いただきたい方】

・50歳以上の男性で「おしっこの症状」に思い当たることが少しでもある方
・5年以内に悪性腫瘍にかかっていない方

【費用について】

治験にご参加している期間は、参加することにより発生する交通費等の患者さんの負担を軽くするために、医療機関から患者さんに1来院あたり10,000円をお支払いたします。
治験に関わる検査・治験薬の費用は製薬企業が負担しますので患者さんのご負担はありません。初診料、再診料、この治験と関係のない診療や投薬を受けた場合、または治験実施医療機関に来院されても治験へご参加されなかった場合は、通常の保険診療と同様に窓口で自己負担分をお支払いいただくことになります。

【前立腺肥大症ミニコラム】

前立腺は、膀胱のすぐ下に尿道を取り囲むような場所に位置しています。
成人になると約3×4cmの大きさになります。前立腺の成長や発育には男性ホルモンが必要であることが知られています。 前立腺では精液の一部をつくったり、筋肉の収縮により排尿を調節しています。前立腺肥大症は食生活の欧米化や、性ホルモンのバランスの変化などが原因といわれており、とくに男性ホルモンの分泌量の変化による影響があると考えられています。また、中高年になると発症する人が増えてくるため、加齢が関連していると考えられています。

【ご応募の締め切り】

2015年1月30日(金)※定員になり次第終了いたします。

ご応募はこちら 治験参加へのご応募はこちら
NPO法人ニューイングでは、治験実施医療機関より依頼を受けてこの治験へご協力いただける方を募集しております。通話料無料のコールセンターを設置しておりますのでお気軽にお問合せください。 コールセンター 0120-207-027 10:00~18:00 (土日祝を除く)